History

Report 2015

降水確率100%を覆し、青空の下で開場を迎えることができたGOTTON JAM2015。

昨年の7月に開催され、好評だった「GOTTON JAM meets MUSIC CAMP」に引き続き、

今回も「酒と浴衣」をテーマに筑豊の銘酒「寒北斗・梅ヶ谷・黒田武士・瑞穂菊」を利き酒体験ができる

「GOTTON JAMオリジナルおちょこ」が販売され、限定80個のおちょこはすぐに完売した。

筑豊の人気飲食店が一同に集まる「GOTTONグルメエリア」は今回初の夜の時間帯での開催となっており、

注目のブランド牛からスイーツまで全16店舗が提灯と月の明かりの下に集結した。

食べ物は劇場内への持ち込みも可能となっており、ライブを見ながらお酒やお食事を楽しむこともできた。

また劇場内でのライブの合間には、外のグルメエリアでも「TERROR CITY TAGAWA」による投げ銭ライブが行われ、開場をやわらかな雰囲気で包み込んだ。

「劇場JAMエリア」でのライブステージ。

トップバッターを飾ったのは「jizue(ジズー)」

体が動き出すような激しくグルーヴィーな演奏で、観客席からは思わず歓声が上がった。

そして次に登場した「akiko」

浴衣で登場したakiko。異国の雰囲気が漂う演奏は嘉穂劇場に驚くほどマッチしていた。

 

続いては「INO hidefumi」

ピアニカに電子楽器TENORI-ON。 新旧の楽器が作り出す音は、古い芝居小屋でライブをするGOTTON JAMを彷彿とさせた。

そしてトリを飾ったのは「Polaris」

透き通った声の極上ポップスで、会場内のボルテージは最高潮に、

思わず立ち上がる観客もでてくるほどでした。

 

今回も大きな盛り上がりを見せて幕を閉じたGOTTON JAM.

 

来年もまたみなさんのご来場をお待ちしております。

ありがとうございました。

Reports

Photo Gallery